スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
柿喰えば・・・@秋味ぶろぐ

※画像をクリックすると拡大します

柿をいただきました。
柿って体を冷やすから、あまり沢山食べないほうがいいんですよね^^
そうそう、柿の葉っぱの柿の葉茶は利尿作用があって体に良いという事で、一時母親が凝っていました。
そんなことで柿を見ると柿の葉茶を思い出すのですが、私には柿の葉茶にまつわる悲しい思い出があります・・・(=;ェ;=) シクシク

私がまだ高校生だった時、家の前に片手に乗るくらいの子猫が捨てられていました。
「こんな小さいのに・・・」ということで、うちで育てる事にしました。
まだ自分でミルクを飲む事もできなかったので、母が子猫用の哺乳瓶を買って来てくれたんです。
そしてうちに迎え入れてから10日ぐらい経った頃でしょうか?
急に苦しみだしたので慌てて動物病院へ連れて行ったのですが、診断結果は「心臓が生まれつき肥大していて、そのせいで腹水がたまってしまう」というものでした。
体も小さいため、手術もままならないとのこと。
確かに「やけにお腹が膨らんでるなぁ」とは思ってたんです。
でもそんな難病だったなんてっ!
こんな小さいうちに捨てられた挙句に、やっと安眠の地を確保したのも束の間、死んでしまうなんて!!
そんな不幸な猫生(?)があっていいわけがないっ!!!!
私はそれから毎日家の仏壇に手を合わせ、子猫の回復を祈りました。
その甲斐あってか、子猫は奇跡的な回復を果たしました。
いやホント、お医者様も「奇跡だ」っておっしゃったんです^^
きっと、うちのご先祖様が救ってくれたんだわ♪
「とにかくお水を沢山あげて、オシッコを出るようにしてください。」と言われました。
ちょうどその頃、柿の葉茶を愛飲していたうちの家族。
「利尿作用がある」といえば柿の葉茶。
「これしかないっ!」ってことで、哺乳瓶に柿の葉茶を入れて子猫に飲ませたんです。
いやぁ〜、嫌がった、嫌がった(笑)
そりゃそうだよね、猫にしてみりゃ、えらい迷惑。
それ以来、私に対する子猫の態度がよそよそしくなったのは、言うまでもありません。
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
でもね、決して嫌がらせをしようと思ったわけじゃないの・・・
あなたのためを思ってやったことなのよ。
私もね、早く完治して欲しくて必死だったの(=;ェ;=)
お陰さまでその子はその後無事に回復し、我が家で幸せに暮らしましたとさ。

教訓
「その子のために・・・と思っても、ペットの嫌がることはするべからず」

「ご先祖様は大切にしよう」


@秋味 | - | -
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search